頼れる税理士の全国チェーン、キュータックス
Q-TAX (キュータックス)

Q-TAXについて サイトマップ

6.ゴルフ会員権、投資信託などの財産の評価額は?

ゴルフ会員権は、ある特定のゴルフ場でプレーできる権利として販売されています。
ゴルフ会員権の売却を検討する場合の評価法はこうなります。

課税時期の取引価格×70%+預託金
※預託金は、課税時期から一定の期間を経過した後に返還を受けることができるものに限る

預託金などについては、ゴルフクラブの規約などに基づいて、課税時期から返還を受けることができる日までの期間に応じて、年3%の複利がかかります。
またその期間は1年未満の場合は1年、1年未満の端数は1年に切り上げて計算します。

ゴルフ会員権
ゴルフ会員権を売却する際、売却益を相続人の総所得に算入して所得税の計算が行われます。(遺産相続にかかる相続税とは別)
ただ、相続税の申告期限から3年以内の売却に関しては特例があり、税負担が少なくて済むので、利用すると良いでしょう。

ゴルフ会員権を売却せずに、相続人が引き続きプレーする場合は、もちろんそのまま所持しても問題ありません。

投資信託はどのように評価するのでしょうか?

投資信託とは、投資家から集めた資金で株や債券などを専門家が運用し、成果に応じて収益を分配する商品です。
投資信託の評価で、中期国債ファンドやMMFなど日々決算型のものは、

一口あたりの基準価額×口数+再投資されていない未収分配金(A)
Aにつき源泉徴収されるべき所得税相当額
信託財産留保額及び解約手数料

その他については次のとおりです。

一口あたりの基準価額×口数
課税時期において解約請求した場合に源泉徴収されるべき所得税の額に相当する額
信託財産留保額および解約手数料

さらに詳細を知りたい場合は専門書で調べるか、税理士に聞いてみるとよいでしょう。


Copyright (C) Q-TAX All Rights Reserved.