頼れる税理士の全国チェーン、キュータックス
Q-TAX (キュータックス)

Q-TAXについて サイトマップ

3.税理士の指導のもと、将来的には自社で会計帳簿を作成しよう

記帳業務とは、領収証や通帳のコピー、請求書などから、会計帳簿を作成することです。

会社を起業した社長さんは、みなさん共通して何らかの職種に長けた方々だと思います。
でも経理に長けている方は少ないでしょう。

そこで今回は会社のお金の管理で大事な“会計帳簿”についてお話します。

自計化

会社の創業時というのは、どんな会社でもキャッシュが少ないものです。
そこで少しでも経費を安く済ませるために、記帳の作業を専門の安い代行業者に頼んだり、自身で会計ソフトを購入し、済ませようとします。

無資格の記帳代行業者に作成してもらったデータをもとに自分で申告書を作成して税務署に提出しても、その中身が本当に正しく仕訳され、また正確に計算されているかどうかは証明できません。
申告書に税理士さんのハンコはないのです。

税理士のハンコというものは、「この会社の申告書は私がチェックして責任をもって作成しています」
という大事な意味があり、もちろん税務署にとって確実に信用のひとつとなります。

記帳代行業者の料金は確かに安いケースが多いですが、彼らは最終的には何の責任も持ってくれない、ということを覚えておいてください。
(税務調査で多く支払う羽目になることも)

また自分で会計ソフトを買って入力する場合、正確に勘定科目を分けることができるでしょうか。

決算内容を正確な数値で評価してもらう、また自身で試算表から数字の意味を読み取れるようになる、など将来を考えたときに、税理士の指導を仰いで記帳することはとても重要なのです。

最初は記帳代行業者や会計ソフトに頼るのではなく、プロの指導のもと会計的な心配を抱えることなく、本業に精を出すほうがいいと思います。

会社の規模が大きくなれば、その状況に応じて税理士に自社内の経理の面倒を見てもらいましょう。
そうすることでノウハウが蓄積され、自社だけで記帳作業と月次決算ができるようになってきます。

【ポイント】
・会社の起業時は、税理士の指導を仰いで、会計的な心配をせず本業に専念する
・最終的には自社で記帳ができ、会計帳簿が作成できることを目標にする


Copyright (C) Q-TAX All Rights Reserved.