頼れる税理士の全国チェーン、キュータックス
Q-TAX (キュータックス)

Q-TAXについて サイトマップ

税理士の選び方

HOME >  6.会社のキャッシュフローは税理士によって変わる!

6.会社のキャッシュフローは税理士によって変わる!

税理士によってキャッシュフローが変わるとはどういうことでしょうか?
税理士はそれぞれ得意分野を持ち、経験値が違うからです。

まるでお医者さんと似ています。
内科、外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科などそれぞれの診療科に各専門分野の先生がいるのと同じです。

税理士の場合、例えば相続に強い税理士が存在し、ケースによっては合法的に納税額を大きく減らすことが可能なのです。

キャッシュフローは税理士によって変わる
こちらはお勧めできない税理士の極端な例です。
決算申告の2週間前に突然、「1000万円の利益が出たので400万円の法人税を含む納税となります」
と連絡があったらどうでしょう?

経営者は真っ青になり、特に手元に自由になるお金(キャッシュ)に余裕がない場合は、困るどころではありません。

経営者の事情を理解している税理士は、毎月の決算をしっかり計算し、
試算表などの経営帳票を確認し(これを“月次決算”といいます)、
事前に今年の利益がいくらと予測することができます。

これにより時間的に余裕が生まれ、納税資金などの手当てのために、打つべき手を税理士と考えることが可能になります。
節税につながるような早めの対策を打つことが大事なのです。

【ポイント】
・決算の約3ケ月前から会社のお金(キャッシュ)を把握する
・その際、税理士に相談し、キャッシュを残す策を練る
・税理士によって大きく納税額とキャッシュフローが変わる


Copyright (C) Q-TAX All Rights Reserved.