頼れる税理士の全国チェーン、キュータックス
Q-TAX (キュータックス)

Q-TAXについて サイトマップ

3.遺産相続の割合とは?

遺産を相続できる割合は決まっています。

相続する割合のことを「相続分」といい、被相続人(亡くなった人)が遺言によって、相続分を決めていた場合、その内容に書かれた財産の割合が優先されます。

遺産を相続できる割合
遺言がない場合、相続人が集まって話し合い、分割方法を検討して決めることになります。
このとき、全員が合意すれば問題はすぐに解決するのですが、決まらない事の方が多いかもしれません。
そこで民法により、相続できる割合が決められています。

これを「法定相続分」と言い、これは以下のように定められています。

(1)第1順位の相続人
被相続人に、子あるいは子の代襲相続人(=孫)がいる場合。
なお、配偶者は、常に子と同じ順位での相続人です。

(2)第2順位の相続人
第1順位の相続人がいないとき( 親より子が先に亡くなった場合など)は、
第2順位の相続人である直系尊属(父母・祖父母)と配偶者が相続人となります。

(3)第3順位の相続人
被相続人の両親が亡くなっていて、なおかつ兄弟がいるような場合
(第1順位および第2順位の相続人がいないとき)は、
第3順位の相続人である兄弟姉妹(またはその代襲相続人=おい、めい)と配偶者が相続人になります。

相続順位 法定相続人 法定相続分
第1順位 配偶者と子 配偶者
1/2

1/2
第2順位 配偶者と直系尊属 配偶者
2/3
直系尊属
1/3
第3順位 配偶者と兄弟姉妹 配偶者
3/4
兄弟姉妹
1/4

基本的に被相続人が遺言書で定めた指定相続分の方が、法定相続分よりも優先されます。

相続にはそれぞれの家庭によってさまざまな事情があります。
特定の相続に被相続人の介護の負担が偏っていたり、ある相続人だけが多額の生前贈与を受けていたりするケースも少なくありません。


Copyright (C) Q-TAX All Rights Reserved.