頼れる税理士の全国チェーン、キュータックス
Q-TAX (キュータックス)

Q-TAXについて サイトマップ

2.相続を「できる人」はどうやって決まる?

「誰が相続人か?」と言い争いを避けるために、法律で「相続できる人」が定められています。
この相続できる相続人のことを、民法では「法定相続人」と呼びます。

法定相続人は、大きく分類して2種類。配偶者(婚姻の相手)と血族相続人に分けられます。

法定相続人
種類
配偶者 配偶者たる相続人
血族相続人
父母、祖父母 血族相続人
兄弟姉妹 血族相続人

 

最初に、被相続人の配偶者は、常に相続人になれます。
そして婚姻の期間は関係なく、例えば結婚して1カ月後に被相続人が亡くなったとしても、相続人となることができます。

配偶者の他に相続人となるべき人がいない場合、配偶者だけが相続人となります。

被相続人(過去に離婚経験あり)の元配偶者は、相続人となることができません。
ただ元配偶者との間に子供がいた場合、子供は相続人になります。

また配偶者とは、民法で決められた被相続人の夫や妻であって、内縁の夫や妻(愛人)は該当から外れます。

法定相続人になれる“順位”が、血族相続人には決められています。

第1順位 直系卑属(子・子の代襲相続人〈孫〉)
第2順位 直系尊属(父母・祖父母)
第3順位 兄弟姉妹・兄弟姉妹の代襲相続人

 

子は、「嫡出子(ちゃくしゅつし)」と「非嫡出子」に分類されます。

「嫡出子」は、婚姻関係にある男女の間に生まれた子ども(実子)と養子を指します。
「非嫡出子」とは、法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子です

非嫡出子が相続人となるには、父子関係の場合、父親が認知した子供だけとなり、これは遺言によっても行えます。
一方、母子関係の場合、分娩したという事実を証明することが必要となります。

相続を「できる人」と「できない人」


Copyright (C) Q-TAX All Rights Reserved.