頼れる税理士の全国チェーン、キュータックス
Q-TAX (キュータックス)

Q-TAXについて サイトマップ

Q3.税金対策とは何をどうすれば良い?

A3. 税制改正に着目する

毎年の税制改正の「目玉」に着目し、利用できないかどうか検討することが税金対策として有効です。
また、当期利益が増えそうな場合、長い視点から人材投資や設備投資も節税対策になります。

税金対策と言うけれど具体的には何をどうすればいい? 例えば過去の税制改正で「情報通信機器等を取得した場合の特別償却または法人税額の特別控除」がありました。

情報通信機器等を取得として事業に使用した場合は、取得価格の50%を特別償却するか、取得価格の10%を法人税額から特別控除するかのどちらかを選ぶことができます。
ただし取得価格の10%を法人税額から特別控除する場合は、法人税額の20%までが限度となっています。

またこの当時の税制改正のもうひとつの目玉。

資本金が1億円以下の会社であれば、1台当たり30万円未満の減価償却資産を取得して事業に使用した場合、取得価格に全額を損金に算入することが認められました。

多くの利益が出て多額の納税をしなければならないことが予測できたら、将来必要になりそうな資産を購入する。
30万円未満の減価償却資産を先に買っておくことで税金対策となるのです。

(回答:Q-TAX)


Copyright (C) Q-TAX All Rights Reserved.