頼れる税理士の全国チェーン、キュータックス
Q-TAX (キュータックス)

Q-TAXについて サイトマップ

Q1.会社にかかる税金の種類はいくつ?

A1. トータルで50種類ほど

税金の種類はおよそ50種類ほどあります。
法人税、消費税、住民税、事業税、事業所税があり、株式会社や有限会社にかかってきます。
これとは別に、契約登記にかかる税金、自動車にかかる税金、固定資産の保有にかかる税金、従業員に対する税金もあります。

会社にかかる税金の種類はいくつある?「法人税」と「事業税」は、会社の所得に対して課税される税金。所得がマイナスの場合は支払う必要はありません。

住民税は二つあり、「道府県区民税」と「町村民税」です。
この二つの住民税は法人税の税額から算定して課税されますが、これらの住民税のほうは、所得がマイナスの場合も、均等額を支払う必要があります。
均等額は、資本金と従業員数に応じて計算されます。

資産の譲渡などを行った場合にかかるのが「消費税」です。
消費税には国に払う「国税」、そして地方に払う「地方消費税」があります。この両方を合わせて税務署に支払うことになっています。

事業所の面積および従業員数に応じて課税されるのに「事業所税」があります。

(回答:Q-TAX)


Copyright (C) Q-TAX All Rights Reserved.